このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

製品概要

BIZLINEシリーズ

BIZLINEは、コミュニケーションにおける
①スピードの向上②品質の向上③コストの削減
のお手伝いをします。

BIZLINE Phone

BIZLINE Phone

BIZLINE Phoneは、PBX機能をインターネット経由で利用するクラウド型電話サービスです。

  • クラウド型の電話サービスのため、高価なPBX(交換機)の導入は不要です。
  • 外線を利用する場合は、既存キャリアのサービス(NTTのひかり電話、FUSION IP-Phone等)と接続する構成となります。Fusion IP-Phoneの場合は、IP-Phoneの契約情報を設定(ビズラインが行います)するだけで、会社の電話番号で通話可能なスマホとなります。また、工事費も一切必要ありません。
  • 社内のBIZLINE Phoneユーザー同士であれば、通話料は無料です。
  • 個人のスマホを利用する場合でも、現在利用している個人の番号の他に、新たに2つめの会社の番号を持つことで、個人用と会社用を分けて利用することができます。ビズラインは、BYODを推進します。
  • 内線や転送先の選択は、社員一覧(写真など)から選ぶだけです。また、よく使う人は『お気に入り』に登録することも可能です。
  • 外線の電話帳は、全社共有で管理されます。また、自分だけの電話帳(マイリスト)も作成できます。
  • 電話帳データ、および通話記録はクラウド上に保管されます。
  • 固定タイプの電話機(SIP-Phone)も使用できます。

BIZLINE Meeting

BIZLINE Meeting

BIZLINE Meetingは、PCとスマホを利用して社員間、および取引先とのコミュニケーションを支援するサービスです。

  • 議題ごとにルーム(会議室)を設けることができるので、複数の議題を同時進行させることができます。
  • ルームに参加できるメンバー数に上限はありません。
  • ルームに参加しているメンバーの既読状況がリアルタイムで分かります。
  • 自分のアカウント1つで復数のルームに参加できます。
  • ルームに添付できるファイル容量は(一回の送信で)2GBまでです。また、ダウンロード状況もリアルタイムで分かります。
  • ルーム(会議の議題等)は、検索しやすい名称に何度でも修正することが可能です。
  • ルームの参加メンバーとして、取引先を登録することが可能です。取引先とも、ファイルを含めた情報の一元管理が可能です。
    ※なお取引先が見ることができるルームは指定されたルームのみです。
  • BIZLNE Meetingのチャットで利用した添付ファイルデータの合計が、全社の合計(アカウント数×1GB)に達した時点で、一番古いファイルから自動的に削除されます。
  • ステータス確認

    誰がどのデバイスにログインしているかが一目で分かります。

  • グループ作成無制限

    ルームに参加するメンバーのグループ作成は無制限です。また、社外の人のメンバー登録も可能です。

  • ルーム作成無制限

    議題や案件ごとに作成できるルーム数は無制限です。また、ルーム名は何度でも変更することができます。

  • 既読確認

    配信したメッセージを誰が読んでいるかが一目で分かります。

  • ファイル添付

    誰が添付ファイルをダウンロードしたかが、一目で分かります。なお、添付ファイルの最大は2GBです。

  • 議事録

    検索対象は、ルーム名、参加者、メッセージです。また、議事録にファイルを添付するか否かは任意です。

  • 個人指定(メンション)

    メッセージの先頭に@マークを付けてメンバーを選択し、メンバーを特定したメッセージを送ることができます。

  • ボイスメッセージ

    音声によるメッセージ作成が可能です。また、写真を添付することも可能です。

  • 外部ツール連携

    グループウェアやメーラーとの連携が可能です。

BIZLINE Front

BIZLINE Front

Wi-Fi環境で、iPadを利用した受付電話サービスです。

  • iPadに必要なデータは、簡単操作で設定、登録することができます。
    また、ロゴマークの表示設定や、ボタンの表示・非表示設定も簡単に行えます。
  • 来訪者の方は、ボタンから選択していくだけで、訪問相手(担当者)に連絡をとることができます。
    担当者は、スマホを携帯していれば、席を離れていても着信をとることができます。
  • 社員名簿の登録も、iPad毎に登録・管理ができるので、例えば、フロア別や部署単位での受付としての利用も可能です。